バストアップ施術の種類|女性らしさを強調する一つのステータス|美容整形クリニックを選ぼう

女性らしさを強調する一つのステータス|美容整形クリニックを選ぼう

女性

バストアップ施術の種類

女医

近年で女性の平均バストサイズは大きくなっているそうです。しかし、平均のバストサイズが大きくなっているとは言っても胸の小ささや大きさに悩んでいる人は少なくありません。神戸の美容整形クリニックにも、バストの悩みを抱えた女性が数多く訪れ豊胸手術を受けています。豊胸手術は単に胸を大きくするだけではありません。左右で大きさの違う胸や胸のたるみも豊胸手術で解消することができます。神戸の美容整形クリニックでは様々な方法で豊胸手術を行なっています。いくつか主流とされている方法を見てみましょう。

主な豊胸手術の一つに「シリコンバッグ挿入法」というものがあります。ジェル状の液体が入ったバッグを胸に挿入することでバストアップを図る方法です。バッグの中にはシリコンだけでなく、ハイドロジェルや生理食塩水が入ったものもあります。中でも現在主流になっているのがコヒーシブシリコンです。特にバイオセルバッグといってアメリカで開発された安全性の高いものが人気です。最近は日本でもバイオセルバッグを取り扱っている医療機関が増えています。気になるという人は神戸の美容整形クリニックに問い合わせて聞いてみると良いでしょう。

豊胸手術には「脂肪注入法」というものもあります。その名の通り、太ももやお尻などに蓄積した余分な脂肪細胞を一度取り出し、胸に注入するという方法です。自分の脂肪を使うことで、自然な胸を手に入れることができます。バストアップだけでなく部分痩せ効果もあるので、豊胸ついでにダイエットしたいという人には最適な方法と言えます。メスを使う必要がないので、治療の傷跡もほとんど残りません。シリコンバッグなどの異物を挿入した時に起こる拒否反応の心配もないので、安心して施術を受けることができます。

そしてもう一つ、「ヒアルロン酸注入法」という豊胸手術も最近注目を集めています。ヒアルロン酸を注射で胸に注入するというとても簡単な手術で、入院する必要もありません。今まで豊胸手術に使われていたヒアルロン酸は、半年~1年くらいで体内に吸収されてしまっていました。しかし、近年では粒子の大きいヒアルロン酸が開発されており、バストアップ効果が数年単位に延びています。ヒアルロン酸の種類によっては感触や効果の持続時間に差があるので、神戸の美容整形クリニックに確認しておくと良いでしょう。